Kendaiキャリアカフェ実施しました

7月5日(木)第1回Kendaiキャリアカフェを実施しました。大雨で午後には休講になるほどの天候の中、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

まずは、COC+担当者より、今、なぜ地方創生なのか、兵庫県立大学の学生のキャリアや進路を含めて概要を説明しました。その後、全員が簡単に自己紹介。1年生から参加できるインターンシップはあるのか、どうやって今の仕事に就いたのか、などと学生さんからは様々な質問をいただき、共通点で盛り上がったりと和気あいあいと意見交換をしました。

このキャリアカフェという”場”は兵庫県立大学・大学院の学生が地域への理解を深め、地元で暮らすこと、働くことの魅力を発見することを目的としています。次週の7月12日は自己分析、夏休みの計画をテーマに実施します。

教室の雰囲気はこんな感じです。お昼ご飯を食べながら気軽に情報交換しましょう。学生生活の送り方や、インターンシップ等、自身のキャリアについて考えたり聞いたり話したりしたい県立大生はぜひ参加してください。

今回は平成29年に内閣官房まち・ひと・しごと創生本部で「地方創生に資する金融機関等の『特徴的な取組事例』」にて全国で34事例選定された「神河町お茶園継業セットアップ事業」で生み出されたお茶を頂きながらの開催でした。このお茶に関する取り組み、連携等の詳細はこちらでご覧いただけます。(「まち・ひと・しごと創生本部」事務局ホームページ内につながります。19ページ)

神戸は今日は夏本番のような暑さと青空です。皆さまお体第一でお過ごしくださいませ。本学のCOC+事業及びKendaiキャリアカフェへのお問い合わせ、ご不明点、ご意見等はkaori_kamotani116@hq.u-hyogo.ac.jp までお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です